読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠れないので寝るのを諦めたら眠りやすくなった

数か月にわたり寝ても熟睡感がなく、できるだけPCやスマホの画面を長時間見ない・朝は決まった時間に起きるといったことを続けていましたが、目覚めた時の疲労感がひどい状態が続いています。夜中や朝方に目覚めることがあってもトータルで7~8時間は眠っているはずなのに、全然寝た気がしないのです。

医師から処方された睡眠導入剤では眠ることはできても、翌日まで効果が残ってしまい日中ぼんやりしてしまったり、疲労感は結局残ったままだったりで思うようにいきません。

 

起きていても気持ちよく動けず眠っても疲れは取れないので、いっそいつまで眠らずにいられるか試してみようと、医師の言いつけを守らず規則正しい生活を放棄してみたところ、逆に自然と眠気が差すようになってきました。

夜更かししても朝決まった時間に目覚めるのは変わらないので睡眠時間は3~4時間、日中に眠気が差した時は、タイマーをかけて10分くらい目を閉じて座っているだけで結構すっきりしました。それで夜に眠たくなるわけではなかったので結局また夜更かしするのですが、同じように過ごしていたら徐々に日付が変わる前から自然と眠気が来るようになってきています。 

夜更かしして何をするかというと、日付が変わっても寝床にも行かず、コーヒーを飲みPCの画面を見続けたり音量をあげてイヤフォンで音楽を聴いたりと、規則正しく生活するために今まで禁止していたことをやり始めたわけです。

早寝早起きして食事は3食摂って家事をきちんとこなしてきちんと暮らそう、はやく健康になろうなどと、つらかった職場から解放されてもなお、自分自身の「ねばならない」に縛られて本当に望んでいる1日を過ごせていなかったように思います。

行為自体は不健康極まりないのかもしれませんが、健康って結局は体だけでなく心にも通じていて、必ずしも規則正しい生活=健康な生活とはいえないのでしょうね。

 

眠れない夜はチェコアニメ「アマールカ」のDVDがいい入眠剤になってくれる時があるので時々眺めていますが、子羊が葉っぱを食べてサイケデリックなことになる「子羊を助けた日」なんてむしろ目が冴えてしまいそうです。 

アマールカ ブック〜おやすみ編〜(DVD付)

アマールカ ブック〜おやすみ編〜(DVD付)

  • 作者: 小林祐子,ヴァーツラフ・ベドジフ,鈴木惣一郎
  • 出版社/メーカー: LD&K BOOKS
  • 発売日: 2011/06/27
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

アマールカがまた結構ふてぶてしい女子で夜中に笑いながらやさぐれそうになります。 

 

ただ、睡眠時間が短いと太るという説が大変怖ろしいです……。早く健康になりたい。

suimin-shougai.net