読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーに行けなかった(夢の話)

雑記

妙に鮮明な夢を見たので記録しておく。

 

スーパーに用事があり、行きなれた商業施設に入ると施設自体がリニューアルオープンしたという。元々は施設中央が屋外広場になっていて、広場を囲むように建物が配置されいろいろなお店が軒を連ねていたのだが、イオンモールのような長細い施設になっていた。入ってすぐにカルディがあるのだが、白い壁と自動ドアに阻まれて本当にカルディなのか怪しい。商品が山と積まれているいつものカルディではなく、コーヒーを配っているお姉さんもおらず、カルディでおやつを買いたいなと思いながらスーパーを目指すことにした。

食品系の店は施設の奥の方にかたまって配置されていると何故か私は確信しており、わき目も振らず歩く。建物は壁一面真っ白で、曲がり角が多くて見通しが悪いが一本道である。いろいろな店が並んでいるはずだが、壁も扉も真っ白で本当に店があるのかわからない。突然視界が開けて、吹き抜けになった広場に出た。見上げると巨大なLEDの照明が天井にひっついている。広場はT字路の交差部分にあたり、私は前方と右側に進めるはずなのだが、何故だか前に進んではいけないと思った。広場の右側には円形のソファーというかクッションみたいなものがいくつか置いてあり、先に病院の受付がある。何科の病院かわからないが、スーパーに用事のある私はそこに病院があることが気に入らず、歩いて損したような気分になった。

壁に施設のフロア案内図があり、明らかに私が通ってきた道とは全く違うマップが描いてあるのだが、目当てのスーパーの場所がわかったので機嫌を直してスーパーを目指した。案内図ではフロアの真ん中あたりの左端にスーパーがあったので、気づかずに通り過ぎてしまっていたようだった。来た道を逆走してスーパーを見つけたが、入ってみるとスーパーを経営する親会社が展開している別のスーパーであることがわかった。品揃えに大きな違いはなく、ポイントカードも同じものを利用できるが、デパ地下のスーパー程ではないにしても少々お高めのスーパーなのである。これでは買い物できないと思って何も買わずにスーパーを後にした。

帰りにカルディに寄っていこうと思っていたのに、入り口付近にあったはずの店舗がみつけられず、おやつも買えなかった。おかしいなと思いながら外に出ると、内装は大きい病院みたいに真っ白で新しかったのが、ボロボロの公団住宅みたいな、商業施設とは思えない建物になっていた。こんなボロいアパートあったっけと思いながら、スーパーに行けなかったしどうしようと思っていたら目が覚めた。

 

やたらとスーパーと書き続けて、目がおかしくなりそうだった。