読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万歩計の代わりです/お題スロット「ポケモンGO」

雑記

会社を辞めて、涙をこらえて毎朝電車に乗る必要もなくなったと同時に、反動で外出そのものが嫌になりそう……と思っていたところに現れたポケモンGOは、今のところ私のひきこもり抑止の一端を担ってくれています。

ゲームしたい欲を満たしてくれる

ちょうど初代ポケモンが発売された時分に小学生だった世代なので、白黒のドット絵だったポケモンがカラーでなめらかに動いているだけで感動です。「ポケモンGO」というゲームとしてのシステムには賛否両論あるのでしょうが、戦わせたり強化したりするより淡々と集める方が好きだった身としては、ポイポイとボールを投げてポケモンゲットだぜとまた遊べるだけで結構満足です。

正直なところ、幼い頃からゲームというのは裕福な家庭の子どもが遊ぶもの、よそのお宅でちょっと触らせてもらう程度のものだと思っており「自分はゲームで遊べるような身分じゃない」と妙な後ろめたさを感じていました。そんな後ろめたさを唯一感じずに遊べるのがポケモンだったので、今ポケモンGOで遊べることで「子どもの頃、もっとゲームしてみたかった」欲が満たされているように思います。

あと、ゲームする気力はあるんだからもっと元気になっていけるはずだと無理矢理ポジティブになります。 

万歩計代わりになる

先日、かかりつけの病院で妙に脈が速いと言われて「公園を散歩して図書館に行ってきた直後だからだと思う」と告げると、「ポケモンか? ポケモンGOで遊ぶのか?」と明らかにポケモンを知らないであろう看護師さんに食いつかれたので「万歩計代わりにいいですよ」とお茶を濁しておきました。

ゲームと同じように、歩くとポケモンに遭遇するだけではなく「ポケモンのタマゴが孵化する」機能があるのがすごいと思っていて、私の場合図書館まで出かけると徒歩で2kmくらいなので、往復でタマゴのひとつやふたつはたいてい孵化します。iPhoneにも歩数カウント機能はついていますが「今日は〇km歩く」なんて意識するより、うろうろしてたらポケモンが産まれるかもしれないと思いながら出かける方が楽しいものです。

ゆっくり自転車で走るとかプラレールに乗せるとか移動距離を稼ぐ方法はいろいろなのでしょうが、地道に歩いた分だけポイントが溜まったりタマゴが孵化したりする、地味な感じが自分に合ってる気がします。 

男にも女にもなれる

すごく感動したのが「着替える」からスタイル変更で性別をいつでも変えられるところです。名前は1度しか変更できないようですが、スタイルチェンジでいつでも男にも女にもなれる自由。

f:id:karasawa_a:20160825202540j:plain f:id:karasawa_a:20160825202550j:plain

元のゲームで旅に出る主人公たちは10歳ちょっとの少年少女のはずですが、ポケモンGOは海外で制作されたからなのかユーザー層を意識しているのか、立派な美男美女に変身できて嬉しゅうございます。

ポケモンはもともと男の子の冒険物語だったし、後に男女それぞれの主人公が選択できるようになってからも、最初に性別を決めたらずっとそのままプレイしなければならなかった記憶があります。

madeingender.com

「あなたはどちら?」と後戻りできない選択を迫られるのではなくて、能動的に選び取っていける、途中で変えることもできる「スタイル」という表現が優しい。 

以下は女の子のスタイルをコロコロ変えていた後に通常画面へ戻った図です。見たことないスタイルの主人公がそこにいました。すぐに元の姿に戻りました。

f:id:karasawa_a:20160825224345p:plain

 

実は、ジムはいろんなひとが集っていそうだしグループ(チーム?)に加入しないといけないのが怖くて未だに行ってません。てくてく歩いてボールを投げてるだけでいいので、このままぼっちプレイにも優しいゲームであってほしいです。

f:id:karasawa_a:20160825202523j:plain

ヘンなニックネームをつけるのもポケモンの楽しみであります。自分ときどきこんなふうになるわ。

毎日苦しくとも、ブログくらいはちょっと楽しく書きたいなと思えるようになってきている。

 

お題「ポケモンGO」