読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの日記/2月20日

朝から1日中雨だった。病院に行き足の筋力低下を指摘されてかなりショックを受ける。寝込んでいたり運動ができない時期があったせいもあるかもしれないが、たるんだ足がみっともない。もっと歩かなくてはいけない。

 

通勤中に読み進めていた『12人の蒐集家/ティーショップ』(ゾラン・ジヴコヴィッチ/東京創元社)読了。読み進めていくうちに、装丁も内容も紫色に染まっていることににやりとしてしまう。

何かを集めるということは、同時に何かを失うことでもある。様々なものを集める12人のコレクションを描いた連作短編も面白かったが、中編の「ティーショップ」は自分も訪ねてみたくなる店だった。4ページにわたるメニューから、その時々に飲みたいお茶を注文したい。きっと私も「物語のお茶」を所望してしまうだろう。

あまり邦訳されていない作家のようで、もっと他の作品も読んでみたい。 

12人の蒐集家/ティーショップ (海外文学セレクション)

12人の蒐集家/ティーショップ (海外文学セレクション)

 

 

あまり外を出歩く気にもなれず、部屋を暗くして考え事をしたり、録画していた「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」を観たりした。明日、余裕があればエピソード6も観ようと思う。

こんなふうに休日はのんびり映画でも観ながら過ごしつつ、無理のないように働ける生活の仕方を模索していかねばならないと考えている。現状維持では、いずれまた体が悲鳴をあげるだろう。生活レベルを落とすにしても、できるだけ楽しいことを切り捨てずに暮らす方法を選んでいきたい。

 

明日の朝フレンチトーストにするために卵液にパンを浸しておいた。煮たりんごと生クリームも用意しておく。職場に持っていく弁当の準備なんてできていないが、休日の朝にゆっくりおいしいものを食べようというゆとりくらいあってもいいと思った。

今すぐに答えが出なくてもいい。考えて、行動することを諦めなければそれでいい。