読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4年前には戻らない。

雑記

「4年間で変わったこと、変わらないこと」

11/6から出ていたお題について考えるも、変わったこと、変わらないことの両方がどうにも思い当たらぬまま募集期間最終日になってしまいました。

今の職場に就職したのがちょうど4年前で、人手不足のために1年経たず管理者になり、あくせく働き、ひとり暮らしを始め、恋人が出来たり別れたりしました。ですが、現在は休職中、復帰しても管理者として業務に従事する保証はなく、残業しないと生活が厳しい程度の所得なのでこのままではひとり暮らしも危ういところです。

まるで一周して4年前に戻りそうな現状ですが、ただひとつ変わったことがあるとしたら、「表へ出る」事を意識するようになったところかもしれません。

ずっと前から、自分のやりたいことを周りには押し隠して、やりたいと思いながらも仕事が忙しいことを言い訳に何もやってきませんでした。仕事も縁の下の力持ちと言えば聞こえはいいですが、指示されたことを淡々とこなすだけだったのが正直なところです。

それが管理職に就いてから、のうのうと指示待ちでやり過ごせる毎日ではなくなったので、実際影響力があるかどうかは別として、発言力は高まりました。人をまとめ、指示し、知識を伝えていく中で、業務の品質向上という目標を持って仕事に向き合えた時期もありました。自分のやりたいこととは全く違うけれど、クライアントに説明したり業務ルールを作成して全体に展開したりと、表立って活動するのは案外楽しいものだったりします。

そしてブログやTwitterをはじめたこと。仕事は無理がたたって休職してしまったわけですが、思いきってブログを始めたのは、自分のやりたいことのために表へ出ることを意識した結果でもあると思っています。文章を書きたい、絵を描きたい、表現したい思いをずっと持ちながらも、うまく書けないとか時間がないとか理由をつけて逃げ出していました。

いい年してモラトリアムみたいなことを言い、体を壊すくらい働いてぎりぎり生活できるような暮らしをし、4年間上ってきた階段が実は下りだった感覚を味わっているところです。1週まわって過去にループしそうな今だから、次の一歩は新しい場所に踏み込みたい。同じところをうろうろして、同じ苦しみを感じ続けるのはもう飽きてきました。

 

書きながら思ったのですが、仕事に対する意識は変わったし、やりたいことは変わってなかったです。いろいろ2週間くらい考えてた愚かさよ……文章にすると考えがまとまりますね。

4年間もやりたいことが変わっていないのなら、やっぱり今のうちに少しでも形にしておかねばなりません。恥を忍んで表に出ようと思っています。ブログは淡々と続けていくつもりですが、他にもいろんなことに手を出していいのだと自分の背中を押してやりたいです。放置しているpixivにも手を入れたい……

 

最後になりましたが、はてなブログ4周年おめでとうございます。

モダンでもシンプルでもないかもしれませんが、これからも楽しくブログを利用させていただきます。