読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親方、道端にお侍さんが!/黒江S介『サムライせんせい』

テレビ朝日でドラマ化された「サムライせんせい」の原作コミックスが楽しいです。150年前からタイムスリップしてきた武智半平太を主人公にしたこの漫画、書店ではBLコミックスが並ぶ棚に置かれていますが、男色展開はなく「笑いあり、感動ありの侍タイムスリップ」物語です。  

サムライせんせい (クロフネコミックス)

サムライせんせい (クロフネコミックス)

 

コミックスは2巻まで発売されていますが、ドラマ2話の時点で大まかなストーリーは追い付いてしまっています。

原作とドラマの相違点

キャストについて

原作には佐伯春香(佐伯真人の孫)、篠原理央(春香の親友)、小宮山喜一(春香の上司)は登場しません。また、佐伯寅之助はドラマでは無職の元ヤンですが、原作では高校生です。

ドラマのキャスト紹介を見たところ、坂本龍馬や赤城サチコについて、ドラマ独自の設定がある様子です。

キャスト|金曜ナイトドラマ サムライせんせい|テレビ朝日

ストーリーについて

大まかな流れは同じですが、ドラマでの村役場やカラオケスナックのシーンは原作にはありません。

ドラマでは今のところ、武智半平太がが人々と交流しながら世直しをするといった展開に、水面下で進められている謎の計画をにおわせつつストーリーを進めることが予想されます。

原作ではドラマに比べ、武智半平太が現代になじめない心情や価値観の違いを目の当たりにする描写が丁寧にされています。1巻のおまけマンガ「3人の男」にまだ詳細不明のキャラクターが登場しているので、今後の展開が気になります(3人のうちひとりは坂本龍馬でした)。

続きが気になる。

原作コミックス3巻の発売は2016年夏を予定しており、原作とドラマで全く異なるストーリーになりそうなので、両方続きを楽しみにしています。

元の時代に戻れるのかはもちろんですが、なぜタイムスリップしてきたのかという謎も解けていって欲しいです。吉田東洋とか岡田以蔵なんかもタイムスリップしてきて、幕末の顔ぶれが現代にそろってしまう展開になりそうな予感もします。

あと、原作では佐伯学習教室の先生を務めているので、ドラマでももっと子どもたちとのやりとりが観られるといいなあ。