読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外面とお蕎麦

お昼ごはんにお茶屋さんでざる蕎麦セットを注文した。 この季節にざる蕎麦もどうかと少し思ったけれど、食べたいものを食べようと思ったのだ。 ちょうどお客さんが誰もおらず、豪快に蕎麦を啜ってやろうと目論んでいた。普段あまり蕎麦を食べないから久々の…

どうしてだかさびしい。さびしいのだ。

ここ2週間ほど、さびしくてたまらない。自分でも不思議なのだが「さびしい、さびしい」と腹の中から急に何ものかが湧きあがってきて敵わないのだ。ひとりで家にいる時などぬおおと口から洩れることがある。「ぎゃふんと言わせてやる」といいながら実際ぎゃふ…

スーパーに行けなかった(夢の話)

妙に鮮明な夢を見たので記録しておく。 スーパーに用事があり、行きなれた商業施設に入ると施設自体がリニューアルオープンしたという。元々は施設中央が屋外広場になっていて、広場を囲むように建物が配置されいろいろなお店が軒を連ねていたのだが、イオン…

今でも親に縛られていたのだと気づいて悲しかったこと

あまり親との関係が良好でないと思っている。親はどう思っているかわからないが、少なくとも私自身は同居によって受けられる恩恵よりもストレスの方が上回る。実家と同一市内とはいえ、ひとり暮らしができていることで自分を制限する親から解放されたと思っ…

キャラクター化する私

ブログに書こうと思っていたことがあったのだが忘れてしまった。 スマホで文章を書くのが苦手で、そもそも長いことスマホをいじるのが馴染まないので大抵のことはPCで済ませてしまう。外出時も買い物メモ代わりにスマホのカレンダー機能を使うくらいで、文章…

万歩計の代わりです/お題スロット「ポケモンGO」

会社を辞めて、涙をこらえて毎朝電車に乗る必要もなくなったと同時に、反動で外出そのものが嫌になりそう……と思っていたところに現れたポケモンGOは、今のところ私のひきこもり抑止の一端を担ってくれています。 ゲームしたい欲を満たしてくれる ちょうど初…

20160824

5年近く勤めた会社を辞めた。有給休暇の都合でまだ籍は残っているが、自分を痛めつけてきた職場にもう行かなくていい安心感よりも、役立たずな己がついに露見して打ちのめされる感覚が日常を占めている。時々無性に寂しくなり、体に穴が空くような感覚に襲わ…

冬は、自分で終わらせる

3月といってもまだ寒暖の差が激しく、手放しに春だとはいえないこの頃です。体力的にも精神的にもつらさを感じながら、1日が瞬く間に過ぎてしまいます。 気づけばおかめ納豆の懸賞で当選したりんご40個はジャムになりタルトタタンになり1か月と経たず姿を消…

なんにもしなかった日/2月21日

普段から大したことは何もしていないし、いつものように料理や洗濯や掃除や買い物はしたけれど、今日はなんにもしなかった気がする。そしてなんにもしていないことを後悔していない。 このところ仕事をしている時も家にいる時も、何かしていなければならない…

ただの日記/2月20日

朝から1日中雨だった。病院に行き足の筋力低下を指摘されてかなりショックを受ける。寝込んでいたり運動ができない時期があったせいもあるかもしれないが、たるんだ足がみっともない。もっと歩かなくてはいけない。 通勤中に読み進めていた『12人の蒐集家/テ…

独り身には過ぎたるりんご

ほんのりと甘いりんごの香りが漂う中で書いています。 タカノフーズが毎年秋から冬にかけて行っている懸賞に応募して、青森産のサンふじりんご約10Kgに当選しました。宅配便のひとが息を切らして運んできてくれた段ボールには40個のりんごが詰まっています。…

ただの日記/2月7日

減っていた薬がまた増えて眠気がひどい。眠れないよりはましだと思うことにする。先週あたりから治まらない頭痛がストレスによる緊張性頭痛と言われたので、PCに向かう時間も短めにしないといけない。健康を損なうと、楽しみも減っていくものだ。はやく健康…

疲れた、よりも、くたびれた、と言いたい

長い一日を耐えて、ああ疲れたと言うところをああくたびれたと言いたいと思った。 疲労していることに変わりはないのだけれど、「疲れた」というと心身を酷使して元気がなくなったのに対して、「くたびれた」というと同じ元気がないのでも頭や体をよく使った…

ただの日記/2月3日

案の定2月初めから心身に不調をきたしている。仕事には行けたものの、途中で頭痛がひどくなり医務室へ行ったのだが空調が効いておらず、電気敷き毛布の微妙な温もりと共に小一時間震えながら横になっていた。仕事でずっとPCを使っているせいか、画面を見るこ…

ただの日記/1月31日

1月最終日。今年の1/12が過ぎた。疲れが抜けない感じがあって今日はおとなしく過ごしていたつもりだが、あまり休んだ気がしない。明日も休みたい。 昨年も今頃から体調を崩しはじめていたから、同じことの繰り返しにならないようペースを落とすことにする。…

ただの日記/1月28日

先日の雪のせいか屋外に出していたフェンネルが頭を垂れた稲穂の如くぐったりしていた。冬場の水遣りの頻度は少なくて良いということだったが、さすがに枯れてしまうだろうかと今朝久しぶりに水を遣ると帰宅時にはしゃんと上向きに戻っていた。 丈夫で虫がつ…

苦しい夜は自分で抜け出すしかないのだ

眠れない時はインターネットなんてしていないで早く布団に入って目を閉じるに限るのです。横になるだけでも体への負荷は軽減されるといいます。それでもPCやスマホの画面を見続けてしまうのは、静かに目を閉じれば不安や怖れが押し寄せてくるためです。何も…

ただの日記/1月24日

朝から雪が絶えず降り続き珍しく積もった。毎年この時期は雪になることが多いが今日は特に冷える。エアコンを入れても寒く家で小さくなって1日が終わった。力が出ない。 明日出かけられるか心配。

オンライン上で味わう安心感と非日常感

泣き言を連ねていると「大変なのはお前だけじゃないんだ」と半ば怒られて、それでも私はつらいのだとさらに泣き言を繰りたくなるのですが、寒さに震えながらブログやTwitterでここ数日の寒さや雪に関する言及を読むと、私ひとりではないのだと妙に安心します…

笑いを求めている

最近お笑い番組を見ても笑うことができず、どうすれば笑えるかしらと考えあぐねています。 仕事で悶々とした時腹の底に何かが渦巻いていて、それを怒りと呼ぶのかもしれませんが、とにかく誰かと話してはいけないような気になってしまいます。たとえ外側に向…

クラシック聴いてそうと言われると何だかやるせないのです

私はりんごが手に入った時は朝食に丸かじりしているのですが、職場のひとと昼休みにそういう話になった時過剰なほど驚かれました。せめて切って食べたらどうだと言われたけれど1個のりんごをせっかく独り占めできるのに切り分けるとお行儀のいい4切れのりん…

ただの日記/1月19日

ハンドクリームを塗っても相変わらず手がガサガサしている。手が荒れてから塗り始めても効果はそう易々とあらわれない。自分のメンテナンスをしなくてはいけないと散々思っていたのに、手のひらひとつ面倒を見きれていない。 何もせず1日中ぼんやりと考え事…

初めての店に行くように

住宅地の一角に1軒の喫茶店がひっそりと営業していて、近くを通るたびに気になっていました。キッシュやスコーンを扱う英国風のお店のようで、自分が入店するのは場違いに思えて辺りを窺っては退散していたのですが、どうすれば入店するのに相応しくなれる…

「天空の城ラピュタ」の主題歌を歌っていた頃

ラピュタに限らずジブリ作品全般において、ストーリーのあらすじをよく知りません。幾度となく金曜ロードショーなんかで放送されているのに、どんな物語か説明しろと言われると何も言えなくなってしまいます。 「親方、空から女の子が」「ラピュタは本当にあ…

木曜時代劇「ちかえもん」観ました

NHKで放送が始まった木曜時代劇「ちかえもん」が大変楽しかったので感想です。 www.nhk.or.jp 人形浄瑠璃や歌舞伎の戯作者で、教科書にも載っている、大河のナレーションもやったことがある近松門左衛門。ですがドラマは小難しいことは何ひとつありませんで…

Pepperと意思疎通できなくてSiriと遊んだ

ソフトバンクのロボットPepperと話す機会があったのですが、全く意思疎通ができませんでした。 誰にもかまってもらえなくてひとりでしゃべり続けているPepper君。「あなたの時間を5分だけください」なんて、見ていて不憫になってきます。 Pepper「明日の天気…

ただの日記/1月12日

寒さと共に、気力を奪い陰鬱な気分にさせるアレがそろそろ来たなと思う。毎年1月から2月にどうしようもなく落ち込んだりやる気が出なかったりして、4月の始めくらいまで続く。朝起きられず、家事をするのも億劫になる。冷え性で体がこわばるのも痛みを帯びて…

今年は病気になりたくない/夜のどんど焼き

今年のどんど焼きは夜の神社へ行って参りました。 十日ゑびすの前夜祭「宵ゑびす祭」で行われたおくべ祭(どんど焼き)です。 おくべ祭とは正月の飾り物と旧年中にお世話になった古い御守りや御札をお焚き上げする神事。その炎や煙にあたったり、その日で調…

ただの日記/1月8日

雪が降ると言いながらなかなか降らない。冷たい風雨にさらされながらも、温暖化の影響か、この冬一度も雪を見ていない。それでも寒くて手先がこわばってペンが持ちにくい。 書きたいことがいろいろ浮かんでくるが、PCの前に来るより先に消えてしまう。瑣末な…

ブラックモンブランをご存知でしょうか

ブラックモンブランをご存知でしょうか。竹下製菓株式会社*1が製造する、九州・山口では大抵のスーパーに置いてある棒付きのアイスです。数年前関東圏でも流行したと聞きましたが、元から全国区のアイスだと思っていた一九州島民にはあまりにも意外な話題で…

正月休みも終わり。現実を見るために、費用を計算する

明日が仕事始めなので、のんべんだらりとしているわけにもいかぬと思い、年末年始にかかった食費を計算してみました。現実を見よ。 エクセルをそのまま貼り付けると画像になるんですね。 12/31~1/3の準備に使ったのが約8000円。実際はポイント値引き等を利…

大人は楽しい。だが大人とは何ぞや

毎年、年始は伯母に着物を着させてもらっています。特に着物で外出するわけでもなく、着るだけ着て満足しているのですが、そろそろ振袖を着られる年齢でもなくなってきました。 いくら未婚でも、いつまでも振袖を着ていられるのはテレビ番組に出演するような…

あけましておめでとうございます。自由で孤独な年越し。

2016年です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年は初めて、ひとりで新年を迎えました。これまで年末年始は実家にいるなり友人と遊ぶなりしていたのですが、誰に気兼ねすることもなく静かに年を越し元旦を過ごしています。 今年は珍しく雲ひとつな…

今年のよかったこと10個

今年最後の記事として、よかったこと10個あげてみました。いつもダメなところ探ししてしまうので、終わりくらいいいことで締めくくろうと思います。 ひとり暮らしを維持できたこと 今年は年始から体調を崩しっぱなしで、下半期は特に精神的にも低調だったの…

読む本を選ぶのと聴く音楽を選ぶのは似ている

今年聴いてた相対性理論の曲は「シンクロニシティーン」と「ハイファイ新書」の収録曲ばかりだったと思います。 www.youtube.com 火を噴くツーストロークのエンジンは情けなくエンストして私の心のドアを開けたあなたはフィルムの中永久の世界に封じ込められ…

そばにいなくても、つながっていられたらそれでいい

耶蘇の祭りなぞ知らぬ! と思いつつもプレゼントごっこをしたり、シュトーレンを食べたりして楽しく過ごした1日でした。 目覚めた時枕元に未開封の新刊漫画が置いてあって「サ、サンタさん!」って喜んだけれど昨晩寝る前に自分で設置しただけというセルフプ…

ただの日記/12月23日

昨日から薬の副作用で苦しかった。朝は普段より1時間近く遅く目覚めたが朝食はそれなりに食べられた。 いい加減年賀状を書かねばと猿の画像やイラストを探す。午前中PCに向かって年賀状作成して郵便局へ投函した。喪中の知らせを受け取ったこともあり、もと…

冬至の太陽

冬至は1年で最も日照時間が短い日だから、この日を過ぎたらまた日が長くなるという、前向きな言説がある。かぼちゃを食べ、ゆず湯に浸かり、寒さをしのぐ。 太陽が見えないと悲しくなる。季節性情動障害などというほどに、暗く寒い冬はわたしの内面を縮こま…

ただの日記/12月19日

博多座で文楽公演があったので朝から出かけた。 博多座に行く前に、水鏡天満宮へお参り。牛と狛犬が一緒にいるのが何となく好きだ。 周りを高いビルに囲まれているけれど静かなところだ。飽きもせず通ってしまう。 この神社にかぎらず、なぜかおみくじでは末…

お手を煩わせないように、精進します

他のひとの仕事を手伝う毎日が続いています。今日はデータの二次チェックをされている方の業務を朝から手伝っていたのですが、夕方の少し落ち着いた頃に、その方からお礼と一緒にタイトルの言葉がメールで飛んできました。 この方は元々生産性が高く、逼迫し…

天神さまがそばにいた年/今年見に行ってよかったもの

今年は本当にろくに出かけておらず、演劇も美術館も旅行もほとんど行っていないまま終わろうとしています。見に行ってよかったと思える経験を今のうちに積んでおきたいものです。 二月博多座歌舞伎で市川染五郎の「伊達の十役」、5月に北九州芸術劇場で「画…

どうするかは、自分で生み出さなければならない

あまり読書が進まない日が続いています。 小説にうまく入り込めなくて、通勤電車で少しずつ読んでいた対談に以下のくだりがありました。 どうぞ覚えておいてください。今、年長者に「こんな世の中に誰がした?」と詰め寄ることのできる世代のあなたがたも、…

「頼りにされている」罠

誰かが自分を頼ってくれたり、やっぱりあなたがいてくれてよかったと言われたりすると、それは頑張ってみようと気を張ってしまうのです。職場復帰して2週間が経過し、調子を取り戻しつつあるかと思いきや疲労の波が押し寄せてきました。 体調を最優先に残業…

ちぎれた取っ手

買い物を終えた帰り道、食材を詰め込んだエコバッグの取っ手がちぎれました。取っ手の片方はバッグに縫い付けられた根元から剥がれ、もう片方はちょうど手で持つ部分がまっぷたつになっています。 貰い物のこのバッグは、少なくとも3年は私のお供をしてくれ…

たまには自分の批評をやめたい/年内にやっておきたいこと

新年を迎える前に、ちゃんと絵や物語を書いたという気分を味わいたいのです。 2015年は年始から今まで心身を崩しっぱなしという散々な日々を送っていました。本当は会社勤めなんてせずに絵や文章を書いて楽しく暮らしたいという怠け者のわりに、仕事にかまけ…

残業しなくたって真面目に働いてるんだからいいじゃないか

休職期間を終えて職場復帰してから1週間と少し経ちましたが、しばらくは残業なしで働くという条件を付けてもらっています。これまでは20時に退勤できたら早い方だという感覚だったのが、18時過ぎには会社を出ることになって驚きの連続です。学生や会社員が大…

討ち入りの季節です

兵庫県ではこんなイベントをやっているんですね。 womanlife.co.jp 毎年12月になると、忠臣蔵をドラマで観ようと思いながらも機会を失しています。 文楽や歌舞伎で『仮名手本忠臣蔵』は幾度か観ているのに、ドラマで忠臣蔵をまともに見たことがありません。…

あのひとの歳になったとき、私が今よりも成長していますように

やりたいことがある、と職場の上司が退職しました。一回りも歳の差はないけれど、私にとっては経験値があまりにも違いすぎて追いかけるのが精一杯だった方でした。休職するところまで自分を追い込んでしまったとはいえ、この4年今の職場に留まっていられたの…

木曜日に買うものは4つまで

近所のスーパーでは日曜日に一定額以上商品を買うと、木曜日に使える値引きシールを配布しています。値引きといっても、税抜きで45円、30円、10円2枚の計4枚がセットなので、全部使っても総額から100円引きになる程度のものです。でも、日曜日に何度もレジに…

発売日が2日遅れだとしても、通販ではなく書店に並んだ本を買いたい

新刊の開封に忙しそうな朝から本屋に突撃する迷惑な客になってしまった…九州は新刊発売が2日遅いのが本当につらい— からさわ (@karawasa_a) 2015, 11月 23 九州地方は現在2日遅れで新刊が発売されます。 金曜日発売の漫画の新刊を大変楽しみにしていたのです…