エストラゴン・オウ・ヴィネーグルを食べる/中井英夫「美味追真」

エストラゴン・オウ・ヴィネーグル。 中井英夫『とらんぷ譚』のハートに当たる章、『人外境通信』の「美味追真」に書かれるそれは、新宿の高野の地下食品売場という九州島民にはまるで縁のない東京の風景であり、想像するほかない戦中・戦後を生きた人々の姿…

特別展 京都 高山寺と明恵上人 - 特別公開 鳥獣戯画 -に行ってきました

九州国立博物館での特別展「京都 高山寺と明恵上人-特別公開 鳥獣戯画」10月の前期展示を観てきました。 鳥獣人物戯画が展示の目玉で大々的に宣伝されてますが、主役は明恵上人。鳥獣人物戯画が収められている、京都の高山寺を開いたお坊さんです。冒頭の鳥…

外面とお蕎麦

お昼ごはんにお茶屋さんでざる蕎麦セットを注文した。 この季節にざる蕎麦もどうかと少し思ったけれど、食べたいものを食べようと思ったのだ。 ちょうどお客さんが誰もおらず、豪快に蕎麦を啜ってやろうと目論んでいた。普段あまり蕎麦を食べないから久々の…

25日のよもぎ梅が枝餅/太宰府天満宮へ行ってきました

九州国立博物館で開催中の特別展「京都 高山寺と明恵上人-特別公開 鳥獣戯画」に行ってきました。 www.kyuhaku.jp ただ今回は博物館のみが目的ではなくて、毎月25日の大宰府天満宮周辺のイベントの真偽を確かめに行ったのであります。 太宰府天満宮に至るま…

どうしてだかさびしい。さびしいのだ。

ここ2週間ほど、さびしくてたまらない。自分でも不思議なのだが「さびしい、さびしい」と腹の中から急に何ものかが湧きあがってきて敵わないのだ。ひとりで家にいる時などぬおおと口から洩れることがある。「ぎゃふんと言わせてやる」といいながら実際ぎゃふ…

眠れないので寝るのを諦めたら眠りやすくなった

数か月にわたり寝ても熟睡感がなく、できるだけPCやスマホの画面を長時間見ない・朝は決まった時間に起きるといったことを続けていましたが、目覚めた時の疲労感がひどい状態が続いています。夜中や朝方に目覚めることがあってもトータルで7~8時間は眠って…

プラネタリウムへ行った時のこと

先日15年ぶりくらいにプラネタリウムへ行った。 児童向けの科学館と併設になっていて、最後に訪れた時と建物の様相も展示物も変わりなかった。有志の方が撮影した天体写真が最近のものになっているくらいで、宇宙開発に関する年表は1992年くらいから更新され…

スーパーに行けなかった(夢の話)

妙に鮮明な夢を見たので記録しておく。 スーパーに用事があり、行きなれた商業施設に入ると施設自体がリニューアルオープンしたという。元々は施設中央が屋外広場になっていて、広場を囲むように建物が配置されいろいろなお店が軒を連ねていたのだが、イオン…

今でも親に縛られていたのだと気づいて悲しかったこと

あまり親との関係が良好でないと思っている。親はどう思っているかわからないが、少なくとも私自身は同居によって受けられる恩恵よりもストレスの方が上回る。実家と同一市内とはいえ、ひとり暮らしができていることで自分を制限する親から解放されたと思っ…

キャラクター化する私

ブログに書こうと思っていたことがあったのだが忘れてしまった。 スマホで文章を書くのが苦手で、そもそも長いことスマホをいじるのが馴染まないので大抵のことはPCで済ませてしまう。外出時も買い物メモ代わりにスマホのカレンダー機能を使うくらいで、文章…

万歩計の代わりです/お題スロット「ポケモンGO」

会社を辞めて、涙をこらえて毎朝電車に乗る必要もなくなったと同時に、反動で外出そのものが嫌になりそう……と思っていたところに現れたポケモンGOは、今のところ私のひきこもり抑止の一端を担ってくれています。 ゲームしたい欲を満たしてくれる ちょうど初…

20160824

5年近く勤めた会社を辞めた。有給休暇の都合でまだ籍は残っているが、自分を痛めつけてきた職場にもう行かなくていい安心感よりも、役立たずな己がついに露見して打ちのめされる感覚が日常を占めている。時々無性に寂しくなり、体に穴が空くような感覚に襲わ…

休職を繰り返すくらいなら、そんな職場からは離れてしまおう

4月、5月は休職していました。昨年9月末から11月末に休職したのち、職場復帰してから半年も経たずに再び出社できなくなりました。医師からは、うつ状態に陥ると休職を繰り返しても不思議はないと言われていたので、半分は仕方のないこと・もう半分は自己管理…

ただの日記/3月13日

まずは少しでも記録を残す習慣を取り戻すところから始める。何もない1日だったと思っても、自分の気づきが足りないだけで何か起こっているのだ。 福岡市博物館の「アール・ヌーヴォーのガラス展」を観るため朝から出かける。初めてコメダ珈琲に行き、初めて…

冬は、自分で終わらせる

3月といってもまだ寒暖の差が激しく、手放しに春だとはいえないこの頃です。体力的にも精神的にもつらさを感じながら、1日が瞬く間に過ぎてしまいます。 気づけばおかめ納豆の懸賞で当選したりんご40個はジャムになりタルトタタンになり1か月と経たず姿を消…

慣れたからといって、平気なわけじゃない/ディック・ブルーナ『うさこちゃんとたれみみくん』

寒さと仕事にやられて、倒れては跳ね起き奮闘する2月でした。 体を休める時間は確保できても、目に見えない傷が心を縮こまらせている感覚は抜けません。原因は大体似たりよったりで、そんなストレスにはもう慣れっこになったと思っていたのに新しい傷はどん…

なんにもしなかった日/2月21日

普段から大したことは何もしていないし、いつものように料理や洗濯や掃除や買い物はしたけれど、今日はなんにもしなかった気がする。そしてなんにもしていないことを後悔していない。 このところ仕事をしている時も家にいる時も、何かしていなければならない…

ただの日記/2月20日

朝から1日中雨だった。病院に行き足の筋力低下を指摘されてかなりショックを受ける。寝込んでいたり運動ができない時期があったせいもあるかもしれないが、たるんだ足がみっともない。もっと歩かなくてはいけない。 通勤中に読み進めていた『12人の蒐集家/テ…

手帳に書く、未来へのちょっとした手紙

いろいろありましたが、何とか元気です。ブログも思うように書けず日常生活のリズムも崩れがちだったのですが、やっと調子を取り戻しつつあります。 毎日書こうとしていたほぼ日手帳も、1月に比べて白紙のままめくるページが多くなってしまいました。またぼ…

わたしの命はわたしのためにある

月曜日から風邪で頭が朦朧とし、熱はないとはいえ全身筋肉痛のようになり起き上がれなくなっていた。水曜日には調子を取り戻しつつあったが、今朝ハンガーから上着を取ろうとしたら何故か足を滑らせ家の中で盛大に転んだ。自分の体を支えきれず床で頭を打っ…

煮たりんごにチーズケーキとアフターエイトですごしたひとりバレンタインであった。 気負うことなく自分のために作った甘いものは作っている最中も食べている間も無心になれる。明日から少しずつリズムを取り戻す。

ただの日記/2月13日

今日は博多座の坂東玉三郎特別舞踊公演に行ったのだが、スーパー歌舞伎Ⅱワンピース博多座公演のチケット発売日でもあった。朝からチケット確保に必死になり、何とかチケットが取れた頃にはずっと降っていたはずの雨がいつの間にか止み晴れ間が見えた。 博多…

モネ展へ行ってきました

福岡市美術館のモネ展に行ってきました。2月4日から九州初公開で「印象、日の出」が展示されていたこともあってか、美術館の外まで行列が続く盛況ぶりでした。 モネというと睡蓮ばっかり描いていたひとくらいの知識しかなかったのですが、肖像画や風景画、鉛…

独り身には過ぎたるりんご

ほんのりと甘いりんごの香りが漂う中で書いています。 タカノフーズが毎年秋から冬にかけて行っている懸賞に応募して、青森産のサンふじりんご約10Kgに当選しました。宅配便のひとが息を切らして運んできてくれた段ボールには40個のりんごが詰まっています。…

ただの日記/2月7日

減っていた薬がまた増えて眠気がひどい。眠れないよりはましだと思うことにする。先週あたりから治まらない頭痛がストレスによる緊張性頭痛と言われたので、PCに向かう時間も短めにしないといけない。健康を損なうと、楽しみも減っていくものだ。はやく健康…

ひとりバレンタインの準備をしたい

記事を書く画面の左上に(お題)バレンタインデーと出ているのを見て、今年は人様に何か用意する必要は全くないことに気づきました。昨年までは職場のひとや恋人に何かしらお菓子を準備していましたが、今年のバレンタインデーは会社は休みだし独り身だし休…

疲れた、よりも、くたびれた、と言いたい

長い一日を耐えて、ああ疲れたと言うところをああくたびれたと言いたいと思った。 疲労していることに変わりはないのだけれど、「疲れた」というと心身を酷使して元気がなくなったのに対して、「くたびれた」というと同じ元気がないのでも頭や体をよく使った…

ただの日記/2月3日

案の定2月初めから心身に不調をきたしている。仕事には行けたものの、途中で頭痛がひどくなり医務室へ行ったのだが空調が効いておらず、電気敷き毛布の微妙な温もりと共に小一時間震えながら横になっていた。仕事でずっとPCを使っているせいか、画面を見るこ…

ただの日記/1月31日

1月最終日。今年の1/12が過ぎた。疲れが抜けない感じがあって今日はおとなしく過ごしていたつもりだが、あまり休んだ気がしない。明日も休みたい。 昨年も今頃から体調を崩しはじめていたから、同じことの繰り返しにならないようペースを落とすことにする。…

1月の読書記録2

この記事以降に読んだ本です。 karasawa-a.hatenablog.com 本は通勤電車の中で読むことが多いです。最寄りの路線で首都圏のようなすし詰め状態になることはまずありませんが、さすがに雪が積もった日は読書どころではない混み具合でした。 屍者の帝国 (河出…